HOME > 部門紹介 > 作業療法部

部門紹介
Department introduction

作業療法部

作業療法(OT)室は、“病院内の小さな社会”です。私達は、“楽しむ”だけでなく、“リハビリをする”ことを大切にしています。患者様が「希望を持つ」「役割を担う」「自分を表現する」「人から必要とされる」「目標に向けてチャレンジする」、このような体験を通して『自分らしさ』を発揮できるよう、様々なプログラム(作業や活動)を提供しています。



週間プログラム

 
午前 ひょっこり
(個人OT)
ひょっこり
(個人OT)
ひょっこり
(個人OT)
ひょっこり
(個人OT)
ひょっこり
(個人OT)
音楽の会
(集団)
認知療法
(集団)
元気の会
(集団)
運動の会
(集団)
運動の会
(集団)
午後 ほっとクラブ
(高齢者対象)
ほっとクラブ
(高齢者対象)
ほっとクラブ
(高齢者対象)
ほっとクラブ
(高齢者対象)
ほっとクラブ
(高齢者対象)
虹の会
(退院支援)
散歩クラブ ゲートボールクラブ 手工芸クラブ
なごみの会
(SST)
料理クラブ ひまわりの会
(茶話会)

※『カラオケ』『映画鑑賞』『外出グループ』を毎月1回行っています。
患者様が自分の目標に応じた活動を選択できるよう、様々なプログラムを提供しています。
入院中の楽しみだけでなく、生活上の困難(悩み)の改善、作業能力やコミュニケーション能力の向上、関係作り、退院支援など、目的も様々です。

「退院支援」に力を入れています!

虹の会(退院支援)
退院後の生活の一部を実際に体験し、楽しみながらさまざまなスキルや知識を身に付け、退院への不安を減らすことを目指しています。

なごみの会(SST)
名前通り、和(なご)やかな雰囲気の中で、仲間同士で助け合いながら、個人の悩みの解決や新たなスキルの練習をしています。

認知療法(CBT)
認知(考えやイメージ)の歪みを修正し、より現実的な認知と行動が生活の中でできるようになることを目指しています。

ひまわりの会(茶話会)
なかなか人に話せない自分の病気の事や胸の内を、患者様同士で語り合える茶話会です。

「認知症リハ」に力を入れています!

毎日午後は「ほっとクラブ」にて約40名の方々とレクリエーションを実施しています。毎年6月には、参加者全員が主役になる『ファッションショー』を行い、ご家族様を招待しています。

「年間イベント」に力を入れています!

四大イベント
春の桜まつり(4月)  
ファッションショー(6月)  
音楽祭(9月)  
作品展(11月)

その他のイベント
初詣(1月)  
デイケア合同運動会・ゲートボール大会(10月)  
カラオケ紅白歌合戦(12月)

  • OT室マスコット「ふくぼー」
    OT室マスコット「ふくぼー」
  • 毎年恒例の作品展
    毎年恒例の作品展
  • 成果発表「みんなの広場」
    成果発表「みんなの広場」
  • 桜まつり・巨大紙相撲大会
    桜まつり・巨大紙相撲大会
  • いきいきファッションショー
    いきいきファッションショー
  • ホットクラブ(レク)
    ホットクラブ(レク)
  • 認知療法
    認知療法
  • 調理室
    調理室
  • 多目的室
    多目的室
  • 工芸室
    工芸室
  • OT室
    OT室
  • OT室
    OT室
  • OT室
    OT室
  • 敷地内の畑と花壇
    敷地内の畑と花壇
  • 敷地内の畑と花壇
    敷地内の畑と花壇
お問い合せはこちら

メールでのご相談

受診・入院等のメール相談はこちらから
受付しております。

相談する
ページトップへ戻る
お問い合わせ | アクセスマップ | 
サイトマップ | プライバシーポリシー