HOME > 精神科医療への取り組み > 認知症デイケアセンター

精神科医療への取り組み
Match to psychiatric

認知症デイケアセンター

イメージ

日帰りのプログラムで心身の機能低下を軽減。
ご家族の負担減にも活用いただいています

当センターでは、地域で生活されている認知症の方やそのご家族の支援を積極的に行っています。

認知症は、適切な治療やリハビリテーションを行うことにより、認知機能の低下を緩やかにしたり、精神を安定させることができると言われています。

そこで、当センターでは、認知機能や身体機能の維持、精神の安定化を目的に様々なプログラムを用意しています。医師・看護師・作業療法士・精神保健福祉士などの専門職が、個々のレベルに合わせたプログラムを提供し、効果的なリハビリテーションを行っています。精神にも身体にも有効と思われる「パワーリハビリテーション」(※1)も導入しています。これらのプログラムの効果のほかにも、通所により生活リズムを確立することができたり、他者と交流することによる効果も期待できます。また、心身のリラックス作用が期待できる温泉に入浴することもできます。

当センターは、介護認定を受けていない方の利用や介護保険施設との併用も可能ですので、一人暮らしの独居時間を少なくしたり、同居ご家族の介護負担の軽減が図れます。また、認知症の方への接し方やご家族のお悩みなどのご相談も承っております。

※1 パワーリハビリテーションとは、老化などの様々な理由によって機能低下した心身の働きを回復させ、生活レベルの向上を目指すリハビリテーション手法です。軽い負荷をかけるマシントレーニングにより使われなくなった筋肉を活性化させる運動プログラムで、動作や体力の改善と共に脳へも良い刺激を与え、認知症やうつの改善にも効果があるといわれています。利用は、医師が適応と判断した場合のみとなります。

お問い合せはこちら

メールでのご相談

受診・入院等のメール相談はこちらから
受付しております。

相談する
ページトップへ戻る
お問い合わせ | アクセスマップ | 
サイトマップ | プライバシーポリシー