HOME > 入院のご案内 > 費用について

入院のご案内
Hospitalization

費用について

入院治療費用について

平成20年4月1日より

70歳未満の方 ※(1)

(ひと月31日の場合)

入院治療費用 食事負担 合計
約175,000円 33,480円 約208,480円


高齢受給者証をお持ちの方、後期高齢者(70歳以上)
1割負担の方


(ひと月31日の場合)

入院治療費用 食事負担 合計
57,600円 33,480円 91,080円


3割負担の方

(ひと月31日の場合)

入院治療費用 食事負担 合計
80,100円+(医療費-267,000円)×1% 33,480円 113,580円+(医療費-267,000円)×1%

上記入院費用は概算の金額です。治療内容・症状・病室等により金額は変わります。

※(1)3歳以上70歳未満(3割負担)の方には高額療養費制度があります。
詳しくは「高額療養費について」をご参考ください。

低所得者非課税世帯の方については、入院治療費・食事負担が減額されますので「限度額適用・標準負担額減額認定証」をお持ちください。
詳しくは、各市町村窓口にてお尋ねください。

入院費でご不明な点がございましたら、1階総合受付でお尋ねください。

有料病室について

タイプ 一日料金 部屋数
一人部屋 3,000円 4室
2,000円 11室
二人部屋 1,000円 75室
500円 2室

※ ベッドの空き状況により、ご希望のお部屋に入院できない場合があります。
又、病棟により上記該当有料病室の設置していない所もありますので、病棟スタッフにご確認ください。

入院費用・日用品費のお支払いについて

入院費のお支払は、毎月末締めにて翌月14日前後に「入院費」「日用品費」の請求書を保護者様宅へ郵送しております。
ついては、請求書を受取られたら、月末までに総合受付にてお支払いください。
退院時は退院日に全額精算をお願い致します。

入院費支払方法

直接当院総合受付にて現金又はカードでお支払(土、日、夜間21時まで受付しております)
現金書留による郵送、病院口座へのお振込
指定口座による引き落とし(入院費用 翌々月1日(手数料100円)、日用品費 翌月20日)


※入院費、日用品費でご不明な点がございましたら、医事課職員にお尋ねください。

その他の費用について

院内貸し出し衣料(リース)
定期的に衣類の洗濯物を交換に来られない方には、有料にて衣類等の貸し出しを行なっております。
ひと月のご利用料金はAセット13,750円。Bセット19,640円他となっております。
セット内容は看護師にご相談ください。

医療外業務代行費
保険給付外の費用を該当する方につきまして徴収しております。買物のエディカード管理料として月額2,500円・日割85円をいただいております。

貴重品ロッカー使用料
個人で貴重品(現金・カード等)を管理されます方には、ロッカー・貴重品ロッカーをお貸ししています。
鍵の紛失にご注意ください。
紛失時は弁償となります。貸ロッカー代金として月額1,000円・日割35円をいただいております。

紙おむつ
入院患者様によっては、紙おむつが必要となる場合がございます。
病棟にて紙おむつを毎週準備させていただきます。
1ヶ月約10,000円程度となります。
ご家庭の紙おむつはご遠慮ください。
病院購入される場合には、看護師へお申し出ください。

プリペイド・カード
病院内の電話、テレビ・洗濯機等の使用には、専用プリペイド・カード(1枚1,000円)の購入が必要です。
病棟1階・5階エレベーター前の自動販売機でお求めください。
プリペイド・カード清算はクリニック棟1 階総合受付清算機にてご利用ください。
折り曲げたり、磁気に近づけたりすると使用できなくなります。保管には充分ご注意ください。

その他日用品
希望の方には病棟での日用品(シャンプー・ボディソープ・ティッシュペーパー・ウェットティッシュ・歯磨きなど)を準備させていただきます。
日用品費として月額800円となります。
ご家族からのお持込の方は随時ご準備ください。

高額療養費について

暦1ヶ月間の医療費の自己負担額が高額になったとき、申請して認められると、自己負担限度額を超えた分が、高額療養費として支給されます。

70歳未満の人が入院した場合、医療機関の窓口での支払いは限度額までとなります。
限度額は所得区分によって異なりますので「限度額適用認定証」の交付を申請してください。
この「限度額適用認定証」を医療機関の窓口に提示することにより、窓口での支払いが限度額までとなります。

国民健康保険の方
市役所・役場にて手続きしてください
社会保険の方
保険者へ交付申請してください

自己負担限度額(月額)

①70才未満
適用区分、自己負担限度額及び1食あたりの食事代(月額)
適用
区分
所得要件 自己負担限度額(月額) 入院時の食事代
(1食あたり)
3回目まで 4回目以降※1
基礎控除後の所得
901万円超
252,600円+
(医療費-842,000円)×1%
140,100円 360円※3
基礎控除後の所得
600万~
901万円以下
167,400円+
(医療費-558,000円)×1%
93,000円
基礎控除後の所得
210万~
600万円以下
80,100円+
(医療費-267,000円)×1%
44,400円
基礎控除後の所得
210万円以下
57,600円 44,400円
市民税
非課税世帯
35,400円 24,600円 210円
160円※2

※1 同じ世帯で3回目までの自己負担限度額を、過去1年間に3回以上支払ったのちの場合

※2 過去1年間の入院日数が91日以上で、長期認定を受けた場合

※3 平成28年4月1日から360円に、平成30年4月1日からは460円になります。
ただし、指定難病患者、小児慢性特定疾患児童等の人、平成28年4月1日時点で1年を超えて精神病棟に入院している人は当分の間260円に据え置かれます。


② 70才以上
適用区分、自己負担限度額及び1食あたりの食事代(月額)
所得区分 自己負担限度額(月額) 入院時の食事代
(1食あたり)
外来+入院(世帯単位) 外来(個人単位)
現役並み所得者 80,100円+
(医療費-267,000円)×1%※1
44,400円 360円※3
一般 44,400 12,000円
低所得者Ⅱ 90日以内※2 24,600円 8,000円 210円
91日以上※2 160円
低所得者Ⅰ 15,000円 100円

※1 同じ世帯で3回目までの自己負担限度額を、過去1年間に3回以上支払ったのち、4回目以降44,400円(長期該当)

※2 申請月から過去1年のうちで、限度額適用・標準負担額認定証の区分Ⅱの認定を受けていた期間の入院日数

※3 平成28年4月1日から360円に、平成30年4月1日からは460円になります。
ただし、指定難病患者、小児慢性特定疾患児童等の人、平成28年4月1日時点で1年を超えて精神病棟に入院している人は当分の間260円に据え置かれます。

「入院費」「日用品費」の支払い方法について

70歳未満の自己負担額の計算方法

1.月ごと(1日から末日まで)の受診について計算。

2.同じ病院・診療所でも、歯科は別計算。また、外来・入院も別計算。


健康保険証は毎月確認させていただきます。毎月1F 総合受付へお持ちください。
また、健康保険証および高齢受給者証が新しく発行になった場合は、必ず当院へお持ちください。
費用金額に変更を生じることがあります。

ご不明な点がありましたら、各保険者又は1階総合受付にてお尋ねください。
お電話でのお問い合せ

TEL.0595-21-5010

受付時間 8:30~17:00

お見舞いメールはこちらから
お問い合せはこちら

メールでのご相談

受診・入院等のメール相談はこちらから
受付しております。

相談する
ページトップへ戻る
お問い合わせ | アクセスマップ | 
サイトマップ | プライバシーポリシー