Menu

ページのトップへ戻る

ハートランドホスピタルグループ精神科医師募集

精神科医師募集に関するご質問はお気軽にご連絡ください

メール メールでのお問い合せ 電話 0745-72-5006

ハートランドしぎさん

Psychiatric Hospital

HEARTLAND
SHIGISAN

ハートランドしぎさんは、精神科医療に携わり80余年。時代の流れ、社会のニーズに合わせ、精神科救急医療と認知症高齢者医療に積極的に取り組んでいます。「常に患者様と向き合い、常に患者様の立場に立ち、その場その時に応じた最良の医療サービスを提供する」を経営理念に掲げ、時代にあった精神科、ニーズにあった精神科、新しい精神科を目指しています。
また、当院ではデイケア・訪問看護・メンタルクリニックなど、グループのネットワークを強化して患者様をトータルでサポートする体制を確立させております。入院から在宅まで、こころの健康回復のためにネットワークとコミュニケーションで地域社会に貢献したいと考えています。

● ISO9001 認証取得

研修責任者(ハートランドしぎさん)徳山 明広 院長

研修責任者
(ハートランドしぎさん)徳山 明広 院長

院長/指導医 徳山 明広
出身大学/奈良県立医科大学
略歴/平成10年奈良県立医科大学卒業。奈良県立医科大学助手、社会医療法人北斗会さわ病院、三重県立こころの医療センター、奈良県精神保健福祉センター所長などを経て、平成19年より当院勤務。平成27年より現職。
  • あらゆる年齢層・あらゆる重症度の精神疾患を経験することができます。
  • 「子どもと大人の発達センター」「認知症疾患医療センター」「精神科スーパー救急病棟」「認知行動療法センター」などで、より専門的な研修を受けることができます。
  • 身体合併症治療の研修も可能です。
  • 専攻医はもちろんのこと、転科希望医師の研修も積極的に受け入れています。
  • JR天王寺駅からJR王寺駅(当院JR最寄り駅)まで電車で20分弱のため、兵庫県や大阪府からも通勤可能です。

当院でのレジデント研修には、大きな特徴が3つあります。

当院での研修の1つ目の特徴は、レジデントが主体となって研修プログラムを組むことができることです。例えば、現在のレジデントのプログラムは、臨床面では、病棟(主に急性期)で第一線の主治医として担当し、指導医が定期的なカルテチェックと週1回以上のカンファレンスを行いバックアップする体制をとっています。また、当院やハートランドホスピタルグループ内のメンタルクリニックでの指導医診察の陪席や外来担当をしてもらっています。学術面では、症例検討会・発達センター症例検討会・発達センター多職種合同勉強会・認知行動医療センター研修会・上野病院との合同症例検討会・他病院との合同勉強会などを定期的に行い、学会にも積極的に参加してもらっています。後期レジデント2年目には学会発表や論文投稿をすることもできます。これらのプログラムはすべて指導医と専攻医との話し合いで決めますので、専攻医も意欲的に研修に取り組むことができています。

当院での研修の2つ目の特徴は、あらゆる精神疾患の研修ができることです。

「子どもと大人の発達センター」「認知症疾患医療センター」「精神科スーパー救急病棟」「認知行動医療センター」などにより急性期から慢性期、全年齢層の精神疾患の研修を受けることができます。特に、子どもから大人の発達障害の研修ができる施設は全国的にみても希少だと思います。また、精神科病院とメンタルクリニックでの研修が可能であり、あらゆる重症度の症例を経験することができます。よって、精神保健指定医や精神科専門医などの取得に必要な症例経験にも困ることはありません。

当院での研修の3つ目の特徴は、身体疾患の管理・治療を研修できることです。

当院には、高齢者の方も多く入院されているため身体合併症のある患者様の担当をすることが多くなります。当院には常勤内科医3名と常勤放射線科医1名が在籍していますので、レジデントの希望により、内科医に身体的治療を依頼することもできますし、内科医が指導医となって身体疾患の管理・治療や手技を研修することもできます。これからは高齢化社会に伴い身体合併症を持った患者様が多くなると思われるため、精神科専門医を目指す方にとって当院での研修はこの観点からも有用だと思います。 以上のように、当グループでの研修は、将来臨床医として活躍したいと考えられておられる方には最適な病院だと自負しております。是非、病院見学に来られることをお待ちしております。

指導医一覧

徳山 明広

院長 徳山 明広
出身大学/奈良県立医科大学

略歴/平成10年奈良県立医科大学卒業。奈良県立医科大学助手、社会医療法人北斗会さわ病院、三重県立こころの医療センター、奈良県精神保健福祉センター所長などを経て、平成19年より当院勤務。平成27年より現職。

小川 敦弘

副院長 小川 敦弘
出身大学/滋賀医科大学

略歴/平成10年滋賀医科大学卒業。滋賀医科大学院医学系研究科博士課程修了、マサチューセッツ総合病院、滋賀医科大学付属病院助教、ベルランド総合病院副部長を経て、平成27年より当院勤務。平成28年より現職。


岩坂 英已

子どもと大人の発達センター センター長 岩坂 英已
出身大学/奈良県立医科大学

略歴/昭和62年奈良県立医科大学卒業。奈良県立医科大学講師、米国University of California ,Los Angeles(UCLA)、奈良県心身障害者リハビリテーションセンター精神科医長、国立大学法人奈良教育大学教育学部教授(奈良教育大学特別支援教育研究センター長兼務)を経て、平成28年4月より当院勤務並びに現職。

長 徹二

臨床教育センター センター長 長 徹二
出身大学/奈良県立医科大学

略歴/平成14年奈良県立医科大学卒業。奈良県立医科大学付属病院、天理よろづ相談所病院、三重県立こころの医療センター診療部次長・医局長、三重県立看護大学臨地准教授、日本教育財団 名古屋医専教務部教授を経て、令和2年より当院勤務並びに現職。


門間 太作

臨床教育センター 副センター長 門間 太作
出身大学/和歌山県立医科大学

略歴/平成21年和歌山県立医科大学卒業。医療法人徳洲会八尾徳洲会総合病院を経て、平成23年より当院勤務。令和2年より現職。

山下 圭一

子どもと大人の発達センター 副センター長 山下 圭一
出身大学/香川大学

略歴/平成21年香川大学医学部卒業。社会医療法人北斗会さわ病院、ほくとクリニック病院、聖マリアンナ医科大学病院を経て、平成28年より当院勤務、令和元年より現職。


江上 剛史

臨床教育センター 医長 江上 剛史
出身大学/三重大学

略歴/平成23年三重大学医学部卒業。三重県立総合医療センター、三重県立こころの医療センター主任医員を経て、令和2年より当院勤務並びに現職。

澤井 照佳

名誉院長 澤井 照佳
出身大学/大阪市立大学

略歴/昭和57年大阪市立大学医学部卒業。同大学医学部付属病院を経て、昭和59年より当院勤務。平成14年より院長、平成27年より現職。


大澤 弘吉

名誉副院長 大澤 弘吉
出身大学/奈良県立医科大学

略歴/昭和58年奈良県立医科大学卒業。奈良県心身障害者リハビリセンター医長、奈良県立医科大学講師を経て、平成15年より当院勤務並びに副院長、平成29年より現職。

織部 裕明

名誉副院長 織部 裕明
出身大学/奈良県立医科大学

略歴/昭和59年奈良県立医科大学卒業。奈良県立医科大学助手、NTT奈良健康管理所所長を経て、平成8年より当院勤務。平成28年より副院長、平成29年より現職。


興野 健也

興野 健也
出身大学/島根医科大学

略歴/平成13年島根医科大学卒業。大阪市立大学院医学系研究科博士課程修了、平成19年より当院勤務。

河野 いずみ

河野 いずみ
出身大学/山梨医科大学

略歴/平成19年山梨医科大学卒業。長野市民病院、杏和会阪南病院を経て、平成30年より当院勤務。 


内原 仁美

内原 仁美
出身大学/高知大学

略歴/平成23年高知大学医学部卒業。奈良県立医科大学付属病院を経て、平成28年より当院勤務。

大友 理

大友 理
出身大学/東京医科大学

略歴/平成24年東京医科大学卒業。大阪市立大学院医学研究博士課程修了、市立奈良病院、大阪市立総合医療センター精神神経科、大阪市立大学医学部付属病院神経精神科を経て、平成31年より当院勤務。


精神科医師募集に関するご質問はお気軽にご連絡ください。

人事担当 津森 隆行
TEL.0745-72-5006(代)
メール メールでのお問い合せ